工務店を選ぶときのポイント

家のイメージを汲み取ってくれる業者か?

ハウスメーカーなどと違い、工務店は展示場やショールームなどの場を設けているところが少なく、完成後のイメージが想像しにくいため、どの工務店を選ぶかによって住宅の仕上がりや満足度に差が出ることがあります。
そのため、工務店を選ぶ際にはデザイン性や機能性のこだわりなど、その業者の得意分野・不得意分野についてしっかりと確認しておきましょう。

また、担当者が依頼者の要望をきちんを汲み取り、具体的な提案を行ってくれるか、という点も重要な確認項目となります。
家族の生活スタイルや今後の人生においてどのような機能性や間取りが最適かなど、専門家としての意見を取り入れつつ適切なアドバイスをもらえるところであれば、完成後も満足のいく住宅となるでしょう。

完成保証制度加入の有無を確認する

客観的に工務店を選ぶ基準として最も重要なのが、信頼性となります。
信頼性というとインターネットや知人からの口コミを基準にする方も多いでしょうが、人によって重視するポイントや満足するポイントというのは異なるため、口コミはあくまでも参考程度にとどめ、業者の施工実績や専門資格者がいるかなどを確認しておきましょう。

また、「完成保証」が付いているかどうかも、工務店を客観的に選ぶ上で大切な確認事項となります。
この完成保証は、万が一依頼していた工務店が倒産した場合でも施行を他の業者へ引き継ぎ、住宅を最後まで完成させるることを保証するものとなります。
ある程度の経営水準を満たしている業者でなければ、この制度へ加入することはできないため、信頼性を測るときの一つの基準となります。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る