注文住宅を建てるときにはどこへ依頼すべき?

設計事務所・ハウスメーカーとの違いは?

世間で一般的に言われるハウスメーカーは、住宅建築に使用する部材や組み立ての工程、仕様などを規格化することでコストを下げながら、一定の品質を保つ信頼性の比較的高いというのが特徴になります。
しかし、規格内の住宅しか建てられないという面では、設計の部分で一部制約を受ける可能性があり、自由度は工務店よりも低くなります。

一方、設計事務所で依頼する場合、予算が許す限り自由な家の設計が可能になります。
狭い土地や条件の悪い土地であっても、デザイン性を保ちながらライフスタイルに合わせた快適な居住空間を作ることができます。
設計事務所では住宅の設計を行うことをメインとしているため、工事は工務店などへ委託し、その工程が正しく行われているかを設計事務所が管理します。
そのため、設計料のほかに工事管理料や、工務店での工事費などの料金が別途かかり、コストに関しては割高になるというデメリットがあります。

工務店のメリット・デメリット

全国的な規模で事業を行っているハウスメーカーに対して、工務店は地域密着型の中小規模な会社で戸建て建設を中心に行っているところがほとんどです。
そのため、大規模な宣伝広告費などをかけていない分、他業者と比較すると設計・工事を含めた住宅の建築費は良心的な価格設定のところが多く、コストパフォーマンスに優れているところがメリットの一つと言えます。
また、ハウスメーカーのように仕様・施工方法などが特に定められていないため、希望に合わせた素材の使用や設計が可能であり、自由度の高い家づくりができます。

デメリットとしては、工務店は木造住宅の建築が主流となるため、鉄骨住宅や、最新の耐震性能を備えた住宅を希望する場合は工務店は不向きとなります。
また、工務店によってデザインや施工の技術力にばらつきがあるためお店の見極めが必要となります。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る